一歩(いっぽ)

強迫性障害。LG(B)T。日々、思ったこと感じたことを書いています。

詩❓

詩❓⑥ 「曖昧な気持ちから楽しさに」

曖昧な気持ちから楽しさに 歌いたい 描きたい 書きたい もっともっともっと でも・・。 いつも何かのための「何か」を探して 理由がないとできない? 周りの反応に怯えてる? そんな自問自答してる自分を一旦抱きしめてあげよう そしてはじめは自分のために…

詩?⑤『突然』

突然 痛み 傷み 悼み 大抵の人は味わう 突然、前ぶれもなく訪れては 深い穴が出来る 言葉では表せない体験をする 枯れない涙 少しずつ奪われていく もともとあったものが少しずつ 剥がれ落ちては拾い 剥がれ落ちては拾い もがきながら進む 目に映らないもの…

詩?④『はじまりのいっぽ』

はじまりのいっぽ こんな人生を生きたいこんな夢を叶えたいこんな素敵な人になりたい 本当はそんなに遠くない手の届かないなんてこともない 離れていっているのは自分毎回毎回、言い訳をあいだに置いて 自分を守りすぎると、本当に一歩が出なくなる まずは言…

詩❓③『伝える』

「伝える」 思いを伝える。 大切な誰かに伝える。 立場に責任を取って伝える。 届け届けと心に念じ。 声が枯れるまで。 伝えることは怖い。 友人に告白をするぐらい怖い。 気まずくならないか不安になる。 今しかない。 今届けないと後悔する。 今できること…

詩?②『ストーリー』

ストーリー からっぽになった苦しさを感じることもない さあ、飛び立とう広い世界へ縛りつけていたものは捨ててしまえ 何が欲しい?すべて可能なことばかり 躊躇うことは何もない手に入れたいものを心の力で この空の下で輝けるのは命にヒカリがあるとき未来…

詩❓①『6月5日』

6月5日 朝陽ともに生まれた。 うずらたまごのような赤ん坊。 初めて言われた「おめでとう」。 初めて思った「ありがとう」。 初めて見せた「笑顔」。 初めて感じた「愛」。 初めて流した「涙」。 すべて初めての真っ白な自分。 そこから 歩んで。転んで。…