読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一歩(いっぽ)

強迫性障害と生きる一日一歩の日記。LG(B)T。その他思ったことを書いてます。

GWと父

人間には二つのタイプがあるそうです。

1日のスケジュールを分刻みで行動する人。

1日のスケジュールを行きあたりばったりで行動する人。

 

GWが明けて3日が経とうとしている中、のほほんとお菓子とコーヒーを交互に口に入れながらブログを書いている風(ぷう)です。☺️☺️☺️

 

GWは普段ほとんど家にいない彼女が珍しくゆっくりできるということで

まったり、幸せな時間を過ごすことができました。

 

・ドライブ

・キャッチボール

・愛犬の散髪、長めの散歩、ボール遊び

・彼女の友人のバザーに参加。

・彼女の友人とお食事

・お部屋の模様替え・片付け

・お買い物

・外食

・彼女の手作りカレー

 

離れてる時間があるからこそ、一緒に過ごす時間の大切さがわかる。。

と、よく言われますが離れていなくても常にそう思える自分でありたいです。

 

仕事や趣味などで家にいない彼女に対して不満😑を持ったこともあるけど

でも今は彼女が彼女らしく元気に笑って生きていてくれれば、

それが私にとって一番の幸せなんだなあと思います。

 

彼女と出会い、毎日同じ布団で一緒に寝られることだけでも十分奇跡だから!😄

 

私の一歩の課題でもあった片付けもできてよかった☺️

結構散らかっていたのでスッキリできて気持ちもスッキリ!!

 

父の誕生日

五月七日は父の誕生日でした。

生きていれば80歳。

 

すごく子煩悩な父で4人の子供達➕孫達をすごく愛してくれていました。

寡黙だけど冗談や笑いが大好きで、自分のことよりも常に家族を優先にする人でした。

 

みんながその父の優しさに甘え頼っていました。

 

尊敬できる素晴らしい父でした。

 

そんな父に親孝行と言えるようなことは何もできていないなあと悔やむばかりです。

ごめんねお父さん。。

 

今は父にできなかった事を母にしてあげようと思い、

ちょくちょく実家に電話しては、体調やご飯、困っている事、して欲しい事など

話を聞いたり、実家に帰った時には一緒に散歩がてら外出したりと自分なりにできる事をしています。

 

きっと父は、自分が先に亡くなった時、母の事を一番に心配していると思うので、

父が天国で安心してもらえるように母を大切にしたいと思います。

 

今の私には姉妹やその家族、彼女、ワンコ達、数少ない友達、

心強い人たちが周りにいてくれて感謝と幸せでいっぱいです。

 

このように思えるのも、父と母が私をこの世に生んでくれて

愛をもって一生懸命育ててくれたおかげだと思っています。

 

本当にありがとう!!

 

☺️☺️☺️☺️☺️☺️

 

一歩ですが、書類整理を今週まとめてやりたいので、

今回は今週の一歩とします。